お肌がキレイになるように、日々スキンケアを頑張っているという方も多いでしょう。もしかしたら面倒くさくて、スキンケアをあまりしていないという方もいるかもしれませんね。スキンケアの必要性や、種類についてご紹介していきます。

スキンケアの必要性

スキンケアはどうして必要なのか疑問に思ったことがあるという方もいるのではないでしょうか。毎日時間がかかって大変なスキンケアの必要性が分かれば、もっとお手入れを頑張ろうと思うことが出来るかもしれませんよね。スキンケアの必要性を見ていきましょう。

スキンケアの種類

自分の理想の肌を目指すために、どんなスキンケアをすればいいのかしっかり理解しておくことはとても大切です。肌の状態をよく見て、合っているものを使っていきましょう。ここではスキンケアの種類について細かくご紹介していきます。

しっとりが好き!保湿できるスキンケア

保湿ケアをするには、保湿成分が配合されたスキンケアアイテムを使用することです。よく使われている保湿成分にはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、スクワランなどがあります。このような成分がしっかり配合…

Read More

すっきりしたい!さっぱり系のスキンケア

さっぱり系といわれるスキンケアのポイントは、肌がべたつかないところです。さっぱり系といわれるスキンケア商品には保湿成分のほかにエタノールやアルコールの成分が含まれていることが多く、肌につけてすぐに…

Read More

若さをキープしたい!エイジングのスキンケア

保湿とエイジング効果のある成分の化粧品

年齢を重ねるごとに、肌のハリが衰え、くすみやシミに悩まされることが多くなります。若さを保つためのエイジングケアとしては、化粧品にこだわることも必要です。 最も重要なことは保湿液です。加齢によって肌の保湿成分が失われてしまうと、肌のバリア機能が失われてしまうので、保湿液を行った後には、乳液やクリームなどの油分でしっかりとふたをすることが必要です。なおこの保湿液には、エイジング成分が含まれているものを選ぶとよいでしょう。乾燥対策のセラミドやコラーゲン、美白のコウジ酸やビタミンC誘導体、抗酸化作用のあるアスタキサンチンなどがその代表です。肌の状態や悩みに合わせて、含まれている成分を選んで使用すると、保湿とエイジングケアを両立させることができます。

エイジングケアのタイミングとコツ

エイジングケアは、毎日の肌のお手入れが重要です。いくら良い成分の保湿液や化粧品を使用していても、継続されていないと効果を十分に発揮しません。若いうちは1日程度肌ケアを怠っても問題ありませんでしたが、30代近くなれば異なります。毎日化粧はしっかりとおとし、朝晩にエイジングケアを行うことが必要です。また、エイジングケアをする際には、ただ保湿液を顔にしみ込ませるのではなく、合わせてマッサージもするとよいでしょう。顔の血行が促進されて、成分が良く浸透するほか、顔にハリを与える効果もあります。乾燥が気になる部分には特に意識して行うとよいです。また、化粧品だけがエイジングケアではありません。 食事や睡眠もエイジングケアとなります。バランスのとれた食事と、十分な睡眠によって肌のターンオーバーが進みます。